2010年10月31日

ロースクールは自己責任

33 名前: 一般に公正妥当と認められた名無しさん [sage] 投稿日: 2010/10/31(日) 11:47:12 ID:???
会社を辞めてまでロースクールに入った人が、試験に通らない、たとえ通っても仕事がない、他に就職先もないので大変、と聞く。
そして、だから「制度が悪いのだ」となる。
これ、下記の本で読んだ話と似てるなーと思った。「博士号を教授に勧められて取得したのに就職できませんでした」という話で、
こちらも「制度が悪くてオレはだまされた」となっている。
・・・この人たちは本当に素直な人たちだ。

博士号をとろうという人や法律家にとって、
「事実や情報を集めて分析し、自分の頭で考えて独自の仮説をたて、それを検証する」のが、基本プロセスのはず。
そういうプロフェッショナルを目指す人たちが、「自分が就職できないのは制度が悪い」と、
まるでロスジェネ派遣期間工の人たちと同じことを言うってのは、どうなんだろうね。

ロースクールや博士課程の学費、奨学金の状況、就職状況なんてちょっと調べれば最初からわかるはず。
事前に現役の博士号課程にいる先輩や弁護士の先輩に意見を聞けば、新たな制度がどう見られているかだってわかったはずだよね。
それでもチャレンジしたのは自分なりに考えた上で「やれる」という仮説があったからなんでしょ。

実はこれ、ビジネススクールだって同じです。今、欧米でMBAをとるには2000万円近くかかる。
いくら貯めてから、どうファイナンスして留学するのか、その後の就職はできるのか、年収はどれくらいか。
企業丸抱えの派遣生や親が大金持ちの二世以外は、会社を辞めて進学する前にみんな慎重に検討する。

いくら検討しても実際には留学後にリーマンショックが起こり、就職が一気に難しくなることもある。
それでも彼らは、リーマンショックで就職できなくなったのは自分達のせいではないのだから「誰かが責任をとってくれるべきだ」とは言わない。

大学三年生が就職時の有利不利さに不平を唱えるのは理解できる。
でも30歳を超えていたり、博士号をとる人、いったん働いてから職業系の大学院に行く人はみんな立派な社会人だ(の、はずだ)。
「騙された」「制度が悪い」「自分は被害者だ」って言ってればいい立場じゃないだろーと思う。


posted by NET AGE at 15:40| Comment(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

司法試験撤退者用就職面接想定質問集

76 名前:氏名黙秘 [sage] :2010/09/09(木) 17:40:04 ID:???
「え、なぜ法科大学院まで出て弁護士資格をもっていないのですか?」
「法科大学院って医師のように出た人が8〜9割が弁護士になれるように作られた制度ですよね?」
「合格できなかった言い訳ばかりしないでください。弁護士増で就職難ってことは簡単になったのは事実でしょう?」
「そもそも、新卒時に就職しなかったのは何故ですか?」
「履歴の空白の理由は?」
「今まで就職活動はしなかったのですか?」
「法務博士というご立派な肩書きを持っているのに、法曹として働かないというのはどういうことですか?」
「30歳の今働きたいと思っているのに、20代の時は働きたくなかったんですよね?」
「空白期間に身につけたことは?」
「もしかして不況の今なら他の無職に混じって採用されるんじゃないかと思ってませんか?」
「自分なりに一生懸命生きてきた? 一生懸命に勉強して無職ですか?」
「23才以降は普通なら自立して生活しているわけですが、今までの生活費学費はどうやって得てきたんですか?」
「あなたは弁護士先生が向いてますよ、今簡単なんでしょ?」
「貧乏しているはずなのにどうしてそんなに太ってるんですか?」
「なぜ職歴を伴わない資格や学歴ばかりあるのですか?資格よりも職歴を先に得ようとは思わなかったのですか?」
「弊社は営利企業ですので、資格学歴を得ることに夢中になってきた人よりも一生懸命働いてきた人を評価します」
「元々資格は働くためのものでしょう?資格勉強のために無職だったって本末転倒だとは思わなかったのですか?」
「長年無職を続けてきたのに、今更法曹を諦めるって悔しくないんですか?」
「なるほど、つまり、法曹になれないという消去法で弊社を志願したと?」
「リーダーシップを発揮したご経験は?」
「法曹になることを挫折したあなたを雇うことで弊社にいかなるメリットがありますか?」
「今から時間を差し上げますから、法科大学院まで出て三振までしたあなたが弊社で活躍できる理由を
 合理的で納得できるように説明してもらえますか?」

「本日はお疲れ様でした。結果は近日中にご連絡します」
posted by NET AGE at 10:21| Comment(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

法科大学院生

75 名前: 氏名黙秘 [n] 投稿日: 2008/03/02(日) 16:12:41 ID:???
僕は道を歩いていて、ときどき涙が出ることがある。
「ああ、自分は法科大学院生なんだ」と思うと、悔しさがこみ上げてくる。
超難関だと騙されて、実際は法律まったく関係なしの適性小論文入試で合格してから1年。
法科大学院法務研究科に合格したときのあの悔しさがいまだに続いている。
学部卒の優秀な先輩方はどこに行ってしまったのだろうか・・・・。
しかし、法科大学院を中退した勇気ある先輩方は僕に語りかけます。
「いいかい?こんな詐欺まがいの法科大学院なんて行くものじゃないよ」と。
僕は怒りに打ち震えます。
「そして君は訳の分からない法務レス予備軍なのだ。法科大学院が君に何をしてくれるかを
問うてはならない。金だけ取って何もしないと思いたまえ」
僕はあまりの酷さに背筋がぞっと寒くなり、体の震えを禁じえませんでした。
中退率が高く新司法試験の合格率は5割に満たない厳しい日々が続く毎日。
でもそれは将来日本の各界をになう最高のエリート予備軍という謳い文句に騙されて入学した僕たちに対する
天罰なのでしょう。
法科大学院構想を作りあげてきた御用学者の浅はかな行いなのでしょう。
嗚呼なんておぞましき大学哉。
知名度は全国区。余計な説明は一切いらない。
ただ周りの人には「法科大学院生です」の一言で哀れみの眼差しが。
「法務博士です」の一言で軽蔑の眼差しが。
法科大学院に行って本当に後悔している。
法務研究科に入って本当に後悔している。
そして僕は再チャレンジ試験に向けて一歩を踏み出した。
posted by NET AGE at 14:41| Comment(1) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。