2007年01月09日

俺を守ってくれた母ちゃん

俺のカァチャンは、飲んだくれですぐ暴力を振る親父から何時も守ってくれてた。
体に痣が出来ても骨にヒビが入っても盾になって・・・
親父は酒を飲むと暴力を振るだけで、朝になると優しくなるんだ。
「昨日は悪かった」って泣きながら謝ったりする。
優しいカァチャンは何時もそこで許す。
俺は「絶対演技だ」って言うんだけど、
「お母さんは大丈夫だから」って宥められてしまう。
だけど親父は仕事から帰るとストレスか何かで酒を飲む。そして又暴力。
外面の良い親父だから親戚も全然信じないんだ。
離婚届とか出したら殺されそうな勢いだったし。
そんな日々に悩みながらも俺の前では、カァチャンは何時も笑ってたんだ。
寝る前は気付かれない様に声を殺して影で泣いてたのにな。
俺が育つにつれ親父の暴力に反抗すると、カァチャンが受ける暴力が増えた。
だからそれに耐えながらやっと俺は社会人になった。
この時もまだ、カァチャンは暴力から俺を守ろうとしてくれてた。
就職決まって、一人暮らしも決まって・・・
親父には何も言わずにカァチャンにだけ「一緒に住もうか」って言ったんだ。
そしたらカァチャンはにっこり笑って頷いてくれた。
続きを読む


posted by NET AGE at 12:09| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

親に感謝するのは当然

お前さぁ、自分がダメなのを全部親の責任にする気?
母親がどんな気持ちで自分を作ってくれたか考えたことある?
 
乳首ビンビンに固くして、オマ○コグチャグチャに濡らして
「早くオチンポぶち込んでぇ〜」なんておねだりするの。
いきり立った男根を奥深くまで咥え込んで、
「いい、いいのぉ〜。オ○ンコ気持ちいいのぉ〜」なんてよがり狂うわけ。
自分から腰を振って、押し寄せる快感に身をゆだね、最後には
「出してぇ、中にぃ、中にいっぱい出してぇ〜」なんて言いながら膣内射精。
そうして出来たのがお前らなわけだ。
 
だから、両親に対して最大の感謝をするのはあたりまえだし、
それが人間としての最低限の常識。

posted by NET AGE at 11:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

母からのメール

母:何をしている。現在地はどこか。
俺:新宿だ。今出る。クルミは買ったか。
母:クルミは買った。安心しろ。クルミは買った。予定より遅れている。早くしろ。
俺:わかった。急ぐ。

何処の軍隊だ
posted by NET AGE at 21:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

父と母

あーあ、うちの母親見てれば離婚したくなるこの年代の主婦の気持ちも少しはわかるな。
家で本当に何もしていない主婦が、旦那にボロクソ言われるのはしょうがないと思うけど、
世の中には、一生懸命家の事やっても、旦那からの扱いは家政婦以下って主婦も居る。
うちの母親がまさにそれだ。

昔から父はこうだった。
父の口癖「俺は毎日働いてるんだから、休みの日くらいゆっくりさせろ。」
 今思えば、母は土日だろうが休みなく、子供の世話と家事をよくやってくれていた。
父の口癖「また何か買ったのか。俺の(稼いできた)金使いやがって。」
 父だけの金じゃないだろう。父を一番支えているのは、母(おまえの妻)だ。
 しかも、「また」というほど頻繁には買物していなくてもこれを言う。

私が学生の時、成績が下がったり、帰宅時間が遅かった時、父は決まって母にこう言った
「お前の育て方が悪いんじゃないのか?」「なんで俺に聞くんだ。お前が何とかしろ。」
「あいつ(←私の事)はお前に似た。」

もうすぐ父は定年を迎える。
父は家の事を何もしなかったけど、家族を養ってくれたので感謝している。
毎日朝早く会社に行って、残業で遅く帰って来たのも知ってる。
それを何十年とやってきた父は、本当に凄いと思う。
でも、母は可哀想だ。
これから先、何もしない(できない)父を、どちらかが倒れるまで面倒見る事になるんだから。
きっと父の事だ、「今の生活があるのは、俺が今まで働いてきたからだ。」とでも言って何もしない。
普段の会話は、「おい、あれ取れ。」「あれ持って来い。」「飯。」「リモコン。」「あれどこだ。」
「肩揉め。」「何すんだ!見てんだろうが!(←寝てる時、テレビ消すと)」だけだな。
こんな旦那持ちなら、熟年離婚してもいいと思う。
こんな思いやりの無い男の為に、一生尽くす事はないと思う。
父には悪いが、こんな男捨てちまえ!!!!!別れちまえ!!!!!!!!!
posted by NET AGE at 19:07| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

母は強し

20年ぐらい前に近所(米国)であった話。
小学生の娘を車で連れ去られそうになった母親が
相手の車に自分の車を追突させて阻止。
運転席から頭打ってへろへろ状態の男を引きずり出して
でかい石かなんかで両くるぶしを叩き潰した。
そのまま車道に放り出して車で轢き潰そうとしたところを
近所の人たちが5人がかりで押さえて止めたそうだ。

足を潰された男は今でもまともに歩けないままだそうだ。
母親本気で怒らせると怖いぞ。
posted by NET AGE at 19:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

母帰る

学校帰り私の家に彼を招いてエチ
まだ親は仕事から帰らない時間だったので、時間をかけて前戯
彼が『いれていい?』と言ってゴムをつけた…その時

トットット…ガチャ!
と勢い良く部屋のドアが開いた

ぎゃーっと悲鳴と共にベッドから飛び下りる私(制服はだけ、スカートの下は履いてない)
呆然とする彼(半裸)

きゃーっちょっと何ごめーんいると思わなくて!

と慌てて閉めたのは母でした(´・ω・`)
posted by NET AGE at 22:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母の気遣い

昔、彼氏の家族がみんな出掛けていたときにエッチしていたら途中で帰ってきていた。
全然気付かずに続行し、終わった後に判明。
彼氏が下の階に降りた瞬間「うちはラブホじゃありませんよ」とお母さんに言われたらしい(笑)

しかし、後日学校から彼氏が帰ると机のうえにコンドームの差し入れがw
posted by NET AGE at 22:06| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。