2006年12月28日

踏みにじられた俺

2〜3年前の話だけど(中2の時)
俺は、小2ぐらいから運痴を改善しようと、筋トレやら何やら
色々やってたんだよな(冗談抜きに4〜5時間やってた
で、それを変にシャイだった俺は、夕方〜夜中にかけて誰にもばれないようにやってた
親が共働きでその時間はいなかったし、もちろん勉強もやってた(自慢じゃないけど割りとできる方
でも、なぜか記録は伸びるどころか逆に悪くなる一方・・・
見た目もカラテカ矢部もしくはBUMP藤原並みにガリだった
そんなある時、体育の授業で先公が急に
「おまえら!努力は怠るんじゃないぞ!家に閉じこもってゲームばっかりやってると○○(俺)のように
なるからな!w○○は勉強はできるみたいだが、運動ができなきゃそんなもんただの引きこもり予備軍だ!w」
ってみんなの前で言い出した、もちろんその頃の俺以外の皆は大爆笑+DQNが「だってよwクズ人間ww」
んで、いつもは馬鹿にされても「気にしね〜よ」って感じで冷めた振りしてた俺だけど、そんときはめちゃくちゃブチ切れた
その「努力でいつかは見返せるんだ!」って言うずっと自分支えてた信念がそんなジョークめかした一言で何も知らない体育教師一人踏みにじられた気がしてゆるせなかったから・・・
で、よく分からんうちにその先公に殴りかかって行ったんだよな(周り曰くすごい剣幕だったとか
もちろん鼻血出させただけで背負い投げ食らって終わったんだけど
すぐ立ち上がって、顔色一つ変えず、全校に聞こえそうな勢いの声で
泣き出す女子と呆気にとられてる男子、切れ気味の教師にむかって
「お前らふざけんじゃねぇ!何にも知らない赤の他人に、俺の価値決められたくねぇんだよ!
俺が本当に何もしてこなかったと思ってるのか!?あぁ!?お前らに俺の気持ちがわかるか!?
毎日毎日、てめぇらが茶の間でTVみてるような時間に!ひとり真っ暗な山道を何週も何十週もして!
体ぶっ壊れるぐらい筋トレして!(よく(疲労)骨折をするのは皆知ってた)
でもよくなるどころかむしろ悪くなっていくわ、皆に馬鹿にされるわで!
それでも、俺の運動音痴は誰の所為でもないから、そんな怒りは自分に向けるしかねぇんだ!!
「努力」は俺だけがしてるんだ!とは言わねぇ!分かってくれとも言わねぇ!
でもな!分かろうとする気が無いなら黙っといてくれ!」
と怒鳴りまくってギャラリー・教師・クラスメイト(DQNも)を号泣させた事があった



続きを読む


posted by NET AGE at 00:23| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

勇者

小4くらいのときは、マンコが穴だなんて思いもしなかった。
年の離れた兄貴のいるTは、「ヤッターマンコーヒーライター」などという言葉を知っている、
仲間内ではいわば勇者的存在だった。
そのT経由で俺たちはマンコが穴である事を知った。が、どうしても信じられない。
で、そんならばガキである事を利用して調べようぜということになった。
ターゲットは音楽の教師である。美人だった。
今にして思えば20歳くらいだったのではないだろうか。短大出てすぐだったように思う。
作戦はいたって単純。ガキ特有のカンチョーというあれである。
あれを前に突き刺すというのだ。ガキなら許されるであろうという勝手な発想だが、
マンコすら知らない奴がほとんどだったからナイスだという事になったのだろう。
もちろん、実行はTだった。奴は早速翌日に決行した。
音楽教師の前に立ちふさがり、何の躊躇いもなくやった。思い切り。
思い切ってやっちゃいかんだろ、と思った。なぜにおまえはフルパワーなのだ、と。
音楽教師は泣いた。20歳前後という歳を考えればギャグでもきつい。
ガキからすれば大人だったのだが、今思えば娘だ。処女だった可能性すらある。すまん先生。
だが、Tも泣いていた。両手人差し指骨折だった。第二関節よりやや下で折れていた。
もろに刺さったんだと感心した。やはり勇者だ。
しかも救急隊員に、「マンコに指が刺さって折れました」と泣きながら事情を説明していた。
あの姿も相当かっこよかった。
posted by NET AGE at 19:33| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

俺の後悔

俺が高1のときにさ、
満員電車で立ってたんだけど
隣にいたOL風のお姉さんがやたらと乳を押し付けてきたことがあったんだよね。
その時俺はビビって何もできずにその場で立ったまんま。
すると今度はお姉さんの手が俺に伸びてきてチンコをズボンの上からこすり始めた。
そして俺の耳元に口を近づけて小声でこう言った「次の駅で降りない?」と。
でもまだ純情だった俺は、そこから逃げ出した。
それから何年もたったが、「何であの時逃げたんだ」と今でも後悔している。
posted by NET AGE at 00:12| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

僕の青春

小学生:好きだった子はクラスで目立っていた奴にバレンタインにチョコを渡し、
     ファーストキスをしていた。

中学生:好きだった子は高校合格後、家庭教師に処女をささげていたとき、
     僕はPSを買って毎日ゲーム。


高校生:夏祭り、花火大会で浴衣姿のあの子が彼氏とセックスをしていたとき、
     僕は夏期講習で必死だった。


大学生:気になっていた子が昼間からアパートでセックス、彼氏と汗だくで
    抱きあっていたとき、僕は家と大学を往復するだけの4年間。
    この期間に観たアニメと漫画雑誌の数を数えるのが怖い。成人なのに何やってるんだよ・・・俺。


大学院:やっと仲良くなった子が、連日のセックスと彼氏からの愛の囁き、
     身も心も充実した生活を送っているとき、
     連日の徹夜実験と教授の罵倒、学位論文の執筆で肉体的にも精神的にも限界だった。


就職後:誰もが知っている大手有名メーカーだけど職場は男ばかり。。
    一度だけ合コンに参加したことあるけど、女の人に慣れてないせいかガチガチに緊張して馬鹿にされた。
    もうメイドカフェの女の子としか話せない。話すといっても注文だけだけど。
    新卒の時点で20歳半ば。高校の同級生は次々と結婚しているのに、自分はいまだファーストキスの経験すらない。
posted by NET AGE at 09:00| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

不潔な学ラン

学ランにザーメンをちょこっとだけつけてそのままにしてた
いま考えればどう見ても童貞がティッシュに収まりきらないほどの精子をぶちまけてかつそのまま放置させるような不潔なイタい奴
としか見られないのに、当時は 学ランに精子→彼女と放課後かなんかにセックス→気づかず放置させるくらいだから当たり前にセックスしてる奴なんだろうなぁ、と周りから見られる
みたいな童貞期にはありがちな身勝手で自己完結な想像してた。

バカだ、バカ過ぎて愛らしいよ、俺。
posted by NET AGE at 18:34| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青春の空回り

二年間憧れてた女の子に彼氏がいることが分かってさ。
相手の男ってのが、それほど親しくない同じクラスの奴。
次の日の夕方、そいつを呼び出して胸ぐらつかんで
「てめえ!ぜってえ、○○(女の子の名前)を幸せにしろよ!しなかったら許さねえぞ!」
とか一人で盛り上がって叫んだ。
そいつは「はあ?」みたいな表情してたな。
今考えるとそりゃあそうだ。大して口もきかない奴に突然呼び出されて、
自分の彼女幸せにしろとか一方的に騒いで。
だいたいオレはその女の子と知り合いですらなかったんだし。

しばらくしてクラスで、オレは危ない奴って噂がたった・・・・・
しかもそれから1ヵ月後にそいつら別れてやんの。
さらにそれからすぐ、その女の子は別の男と付き合うようになって・・・・・

もう思い出すたびに死にたくなる。
青春の空回り。一人相撲。
posted by NET AGE at 18:32| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

お兄ちゃん、ボク妊娠しちゃうー!

数学の時間のときの痛い言動について。

前の日に、21禁板だが半角二次元見てたんだよ。
で、スレ一覧をぼけーっとみてたんだよ。
そしたらまあ開きもせずスルーしたんだけど

「お兄ちゃん、ボク妊娠しちゃうー!」

っていうよくわからないスレが目に入ったんだよ。
まあ別に興味も示さず巡回スレ見てねたんだよ。

次の日、忘れもしない数学の時間中だ。
思わずうとうとしちゃって机に頭横にして寝てたんだよ。

で、まあうとうとした中で急に
半角二次元でのことが頭にぱっと出てきたんだよ。
そのときはうとうとしててまともに判断力なかった。
もう寝る1歩前だった。

そこで何を血迷ったか

「おにいちゃんぼくにんしんしちゃうぅぅ〜」

とかボケた声で言ってしまったんだ。
そしたら周りがびっくり。後ずさり。先生はきょとん。

そのあと残り30分間は目は冴えてたが
俺の爆弾発言でもう大荒れ。祭り状態。半年続いた。
ロリコン説、ショタコン説諸説でました。

数年たった今でもたまに「あんなことあったよなぁ〜」とか言われます。
posted by NET AGE at 19:01| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

恥ずかしい思い出

高校2年生のときにクラスで密かに好きだった
まゆみという子の体操着を盗みました。
放課後の誰もいない教室のまゆみの机に近づいて
彼女の机の脇のフックに掛けてあった布袋ごと
彼女の体操着を盗んだのです。
教室の窓の向こう側に音楽室や美術室があったので
盗む現場を誰かに目撃されたくないと思って教室の
カーテンを閉めてから犯行に出ました。
後から思うとそれがいけなかったのかもしれません。
宝物を手に喜び勇んで男子トイレに駆け込んで布袋
から取り出したまゆみの体操着に顔を埋めて彼女の
体臭にしばし酔いしれました。
残念なことにブルマーはそこには入っていませんで
した。僕はまゆみのブルマーが欲しくてたまりま
せんでした。
男子トイレの中でひとりまゆみの匂いを嗅いでいた
僕はふと、トイレの入り口の扉の隙間から自分を
見つめる視線があるように感じました。
慌てて体操着を袋に入れ直して扉の方に戻ろうとす
るとそこから足早に走って逃げる誰かの足音が聞こえ
ました。
当初まゆみの体操着は自宅に持ち帰って、これから
毎日オナニーのたびに楽しもうと思っていたのです
が・・・そんな事だったので不安に感じてその時は
もう一度そっと元の位置に返しました。

続きを読む
posted by NET AGE at 21:01| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

虐めの反撃

小4の時、いつも女子に虐められていたKという根暗な奴がいた。
元々虐められていた原因は、低学年の時にスカートめくりの常習犯だったこと。
いつものようにS子に臭いとか、近くに寄るなとか悪口を言われて、
最初は無視していたが、あんまりしつこいのでついにマジギレ。
「うるせー」と一喝してS子を押し倒して、いきなりディープキス。
ワンピースを履いていたS子のパンツを脱がせてしまった。
そして、胸までスカートをめくり抱きついてベロベロ胸にしゃぶりついていた。
あまりのことに、S子は抵抗するよりただ驚いているばかりだった。
もちろん、すぐに女子達が先生を呼んで止めに入られたがすごい光景だった。
Kがその後、ますます女子達から嫌われたことは言うまでもないが、
みんな今度怒らせると何をされるかわからないので、虐めはなくなった。
posted by NET AGE at 21:49| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

おっき

小4か小5くらいのときかな、まだ妹と一緒に風呂入ってた時。
幼稚園のときくらいから勃起はしてた。しかし無知だったんだ。

俺「おい妹よ。俺ちんちん大きくすることができるんだぜ」
妹「すごーい」
(俺勃起させる)

ふろでてから…
妹「お母さんすごい!兄ちゃんのちんちんでっかくなった!」
母「・・・」
posted by NET AGE at 07:18| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

中学生のときの日記を見たら、「彼」がすべて「波」になってた。
「波のこと考えると、胸がきゅぅぅぅん・・・って痛くなるよ。」
とか、
「○○ちゃんはバレンタインに告白成功して、波氏が出来たって
いうのに私はなんて弱虫なんだろ?
わたしもバレンタインに勇気を出して告白してたら、今ごろ○○くんが
わたしの波に・・・ってそんなわけないかー。」
とか書いてあって、gふいh0じぇlpp:えrぴおtj
posted by NET AGE at 19:20| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

クリーンヒット

私が高校生だったとき彼氏と体育倉庫でHしたとき、
ゴキブリがどこからか出てきてH中断になった。

彼はビビリまくって壁に張り付いてたから私がバットでゴキブリ退治することに。
床をバットで走るゴキブリを叩こうとしてもなかなか当たらなくて、
そしたらゴキブリが飛んで彼の股間へ着陸。

私は夢中で彼氏の股間に止まったゴキブリをバットで
真下から振り上げてぶん殴って殺したら
彼氏の大事なボールも一緒にぶん殴ったらしく
彼氏も気絶寸前の状態に・・・w

私は慌ててゴキブリの死骸を手で払って洋服着せて
学校の隣にある病院に連れて行った。

彼氏の大事なボールは2個とも無事だったけどね・・・w
posted by NET AGE at 21:57| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

好きな子からの年賀状

中学の頃おれは友達いなくてさ、
親には知られたくなかったから俺は自分宛に
クラスメイトの名を騙って年賀状出してた。
親も「○○、こんなにきてるよ」とか言ってばれない上にちょっと喜んでた。
で、調子に乗った俺は翌年好きな子の名前で自分に
「あけましておめでとう。今年はもっと仲良くなれるといいね。
3学期から一緒に帰りませんか?」
みたいなことを書いて送ったのよ。しかも届いたら親にわざと見られるようにした。
そしてすっかり忘れた頃に授業参観があったんだけど、
友達がいない俺は授業が終わってそそくさと帰ろうとしてたら
親が例の好きな子に話しかけてんのよ。
嫌な予感がして聞き耳たててたら、
親が「年賀状ありがとう。○○をよろしくね」ってうわああああああああああああああ
posted by NET AGE at 21:24| Comment(0) | 若気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。