2007年03月19日

母の恐怖

小さいころ、居間で母、兄、私でくつろいでいた。
そのうち母がウトウトし始めて「あ、寝てるな〜」
っと母の 顔を観ていたら、急に目開いて
「にっ!にっ!」って声だして笑い出した。
その姿がなんだか凄く不自然で恐くなって
「お兄ちゃん!!お母さんが変!!」って言って
兄と二人で母に懸命に声かけました。
そしたらハッとしたようにいつもの母に戻り、
「お母さん何か変だったよ?!どうしたの?」って聞いたら、
「今、金縛りにあって一生懸命動かそうとしてたのよ。」
っと言われた。
母は霊感とかそんなのは全然ない人です。
今だになんだったのかわかりませんが、そのときの不自然な
母の笑顔は目に焼き付いてます。ホント恐かったです。


posted by NET AGE at 19:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。