2011年12月08日

日本の僻地医療の実態

80 名前:名無しさん@12周年 :2011/12/08(木) 12:48:59.76 ID:dj2IDv+f0
秋田県・上小阿仁村の村立上小阿仁国保診療所で起こった事件簿

■経緯
2008年(平成20年)3月、僻地医療に20年も従事していた医師が「この村が、医師として最後の勤務地。人への愛情、興味が尽きない限り、
診療を続けたい」と2008年2月に着任したものの、わずか4か月で辞意表示・着任から6か月で退職した。

その後2010年(平成22年)に、離島やタイで医療に従事した経歴を持つ医師が新たに着任したが、同医師も翌2010年3月に辞意を表明、
「後任が見つかるように」との理由から2011年(平成23年)3月をもって離職すると発表した。この辞意表明の直後、数多くの村民からの慰留、
村当局による改善策の申し入れにより、辞意は撤回された。
同医師は現在も上小阿仁村国保診療所に勤務しているが、2010年(平成22年)9月再び退職願を提出し、2011年(平成23年)2月下旬受理された。

■背景
2人の僻地医療のベテランが短期間で退職している背景には、超激務によるものだけでなくモンスターペイシェントによる嫌がらせなどの問題行動、
およびそれに真摯に対応しなかった村役場の姿勢にあるとされている。
例えば、下記のような患者の問題行動が報道されたが、これに対して村当局がどのような対応をしたかは報道されていない。

・昼食をとる時間がなく診療所内で食事をしようとパンを買ったときに「患者を待たせておいて買い物か」と住人に責められる。
・年間休日18日。土日や祝日も村内回り、お盆期間も診療を続けた。しかし盆明けの8月17日を休診にすると「平日なのに休むとは一体何を考えているんだ」と批判した住人がいた。
・診療所向かいの自宅に「急患にすぐに対応できるように」と、センサー式照明を設置費用・電力費用を自費で設置したが、「税金の無駄使いをしている」と苦情を言った住人がいた。
・自宅に嫌がらせのビラがまかれた。

日本では、こういう偏屈な人々が多く暮らす僻地はかなり多いと思う。


posted by NET AGE at 13:58| Comment(0) | コピペ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

橋下が公約して、実際にしてきたこと

85 名前: 名無しさん@12周年 投稿日: 2011/12/02(金) 10:07:49.58 ID:fp0Z732y0
橋下が公約して、実際にしてきたこと

・職員給与・ボーナス・手当・福利厚生カット、退職金カット(全国初)→人件費1300億円削減
・一般施策の経費見直し、建設事業費カット→1100億円削減
・大阪府が負担する借金の残高を3100億円削減、太田やノックがやっていた赤字隠し手法を止めた
・天下り先の大阪府出資法人を44→28に削減、赤字垂れ流しハコモノ28施設を廃止・見直し
・府の全ての公金支出と予算要求をHPで全面公開(全国初)、情報公開度ランキングで28→1位に
・府の監査に民間が参加できるようにしてチェック機能が向上
・東京都と連携して民間企業と同じ複式簿記の会計制度を導入
・知事交際費を廃止(全国初)
・国の直轄事業負担金制度見直しを訴え国に認めさせる
・関空と伊丹空港の経営統合を国交省に認めさせたほか、国交省の「大戸川ダム」計画を
 建設中止に追い込む。国交省の計画が知事の意見で凍結されたのは全国初
・街頭防犯カメラ1700台・LED防犯灯1940器を設置、警察装備強化、青色防犯パトロール、
 府庁「青少年・地域安全室」の新設など、様々な治安対策を実施
・その結果大阪府の犯罪件数は平成19年→22年で24%減少。全国の17%を上回る成果
・ひったくり件数ワーストを35年ぶりに返上、街頭犯罪件数ワーストも11年ぶりに返上
・公共事業からの暴力団排除という独自規定を盛り込んだ「大阪府暴力団排除条例」を制定
・弁護士の能力を生かし自ら草稿を書いたナマポ対策の貧困ビジネス規制条例を制定(全国初)
・部落解放同盟に40年間無償貸与されていた「大阪人権センター」を解体。各種同和予算の削減
・教員に君が代の起立斉唱を義務づける条例を制定(全国初)。朝鮮高級学校補助金を停止
・公立学校に塾講師などを派遣し無料補習授業。全国学力テスト小学校部門の大阪府順位は41→31位に
・大阪府議定数109から88に 削減案を可決

で、平松は何を公約して、してきたんだっけ?
討論会から逃げるって、その公約すること事態からも逃げているわけだがw
posted by NET AGE at 13:02| Comment(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。